しんにょうをきれいに書くコツ

スポンサーリンク

こんばんは,

発達がゆっくりな娘をもつ,ゆっくりっ子ママです。

 

前回は,しんにょうを書くのが難しい娘。という記事を書きました。

しんにょうを書くのが苦手な方もいらっしゃることと思います。

娘は言うまでもなく,私だって苦手意識があります。

「しんにょう」をきれいに書くことができるポイントやコツなどがあれば,娘にとって分かりやすいんじゃないのかなと思いました。

そこで,しんにょうをきれいに書くコツを私なりに見つけることにp(^^)q

それに,私自身も,そのコツを押さえて「しんにょう」を書くと,きれいに書くことができそうな気がして。

そのコツを1枚の紙にまとめてみたものはこちら↓↓

では,詳しくみていきましょう。

 

まず,「しんにょう」がどんな形に似ているのか,似ているもの探しから始めました。

娘が似ている形を想像することで,頭に入りやすいんじゃないかと思ったからです。

娘は,同時処理のほうが継次処理よりも得意なタイプのようなので。

皆様は,「しんにょう」がどんな形に似ていると思いますか?

私は,「しんにょう」の2画目が,アルファベットの「M」を縦にした形に似ていると思いました。

紙には,えいごの「M(エム)」みたい?と書きました。

しかし,よくよく考えてみると,娘はアルファベットの「M」を知らないんじゃないかと。

小学校高学年だと,分かりやすい例えだと思いますが…。

他に似ているもの,似ているものないかな?

次に思い浮かんだのは,魚が口を開けている絵でした。

何となく,魚の口に似ていると思いませんか?

だから,「M」みたい?というのを取り消し,

イラストつきで,さかなが口をあけているみたい?と書いた紙を上から貼ることにしました。

もしかして,魚の口みたいと思うのは私だけだったりして(^_^;)

そして,「しんにょう」の3画目は,ひらがなの「へ」に似ていると感じたので,

ひらがなの「へ」みたい?と書きました。

<しんにょうに似ているもの>

  • 2画目:さかなが口をあけているみたい?(えいごの「M(エム)」みたい?)

  • 3画目:ひらがなの「へ」みたい?

 

そして,しんにょうに似ているものを踏まえて,きれいに書くコツを考えました。

<しんにょうをきれいに書くコツ>

コツ①:てん

点を書くことなので,これといってコツというコツではないのですが…。

コツ②:ななめ上→ひらがな「く」→ななめ下

魚の口の部分がなんとなくひらがなの「く」みたいだと感じました。

魚が口をあけている絵を描くイメージで。

もしくは,「M」を縦に書くイメージで。

 

コツ③:ひらがな「へ」→右にすこしのばす

3画目も書くのが難しいですよね。

 

以上が,私が考えた「しんにょうをきれいに書くコツ」です。

いかがでしたでしょうか?

もちろん,このコツだけでは,しんにょうをきれいに書くことは難しいかもしれません。

例えば,しんにょうの1画目の点は,どこの位置に書けばきれいに書けるのだろう?

などの疑問もあります。

また,漢字の形のバランスも大切ですよね。

例え,しんにょうがきれいに書けても,右の部分とのバランスが悪い字になってしまうと,きれいな字とはいえませんよね。

しかし,現段階では,そこまで整った漢字を書くことを目標としていません。

しんにょうの形を覚えて,「週」という漢字が書くことができることが,目標です。

ひとまず,私が作ったこの紙を使って,娘にしんにょうの書き方を教えようと思います。

娘はどのような反応をするのでしょうか?

スポンサーリンク

その時の娘の様子などについては,またの機会にお伝えできればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です