「同時処理」,「継次処理」とは?

スポンサーリンク

こんばんは,

発達がゆっくりな娘をもつ,ゆっくりっ子ママです。

 

娘は2015年12月にK-ABCという発達検査を受けました。

その検査結果を聞いた際に,私は「同時処理」「継次処理」という言葉を初めて知りました。

どちらも情報処理過程のことです。

「同時処理」

  • 情報を全体として捉える。
  • 全体から部分的へと理解していく。
  • 部分同士を関連づけるという関連性をふまえた考え方
  • 視覚的・運動的手がかりの重視。
  • 空間的・統合的に捉える。

「継次処理」

  • 情報を段階的に捉える。
  • 部分から全体へと理解していく。
  • 時間の流れに沿って時系列で順番に理解していくという順序性をふまえた考え方。
  • 聴覚的・言語的手がかりの重視。
  • 時間的・分析的に捉える。

 

うーん,なんだか難しいですよね(^_^;)

先生の説明を聞き,私なりの解釈でいうと…

「同時処理」とは,全体像を目で見て理解する

「継次処理」とは,順番に順序立てて理解する

情報処理過程「同時処理」と「継次処理」について

ということですかね。

 

再びK-ABCに話は戻りますが…。

総合尺度として,継次処理尺度,同時処理尺度,認知処理過程尺度,習得度尺度からアセスメントしています。

継次処理尺度と同時処理尺度をあわせたものが,認知処理過程尺度のようです。

習得度とは,基本的な数の概念,計算能力,考える力,言葉の知識,ものや文章の読みの力をあらわしています。

 

娘は,同時処理が71,継次処理が78と平均して70台でした。

両者の有意差はないとのことでした。

 

私は,どちらのタイプで理解することが多いんだろう…(?_?)

細かいところにこだわって全体像がみえにくいことがあるので,「継次処理」が得意なのかもしれません。

あと,順序立てて理解していくことが多いので。

このように,「同時処理」と「継次処理」で日々情報を処理していることが分かりました。

娘のことを把握するという目的だけではなく,私自身も非常に勉強になりました。

スポンサーリンク

皆様も,一度「同時処理」と「継次処理」について自分に当てはめて考えられてはいかがでしょうか(^_-)-☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です